zwei5 / Pixabay

つぶやき(有毒)

I Will Catch U

投稿日:

何とも言えない胸の高ぶりが収まらなかったので、ふと思い立ちドライブに行くことにした。
場所は、今の自分の家から60kmほど離れた大学寮だ。
久し振りに社会人の原点を見たくて。

大学の辺りはあまり交通の便の良い処ではなかったので、早い内にバイトで金を貯めて軽のダイハツ・ミラを2万円で買った。
嬉しくて嬉しくて、早速大好きなMP3をかき集めて作ったマイベストCDを焼いて、10連装CDデッキ(SANYO製・8800円)にぶち込んで流してた。
クーラーは効かず、550ccで4速マニュアルで、当時でも既に十数年物のポンコツだが、それでもコイツのお陰で色んな所に行けた。

就職活動はいつもコイツと一緒だった。
市内に就職活動に行くため、毎日のようにマイベストCDを聴きながら、山を2つ3つ超えて面接や試験に臨んだ。
上手く行かなかったな…とガッカリしながらも、やはり好きなCDを聴きながら山を2つ3つ超えて寮に戻る、そんな毎日だった。
大体、NOKKOのマイベストCDを聴くことが多かった。

就職氷河期だったからなかなか苦戦したが、俺だけは運良く就職口が決まり、早めに寮を出ることになった。
寮のみんなに引っ越しを手伝ってもらった次の日、最後の荷物である自分と布団を車に乗せて出発するとき、残った寮生が見送りしてくれた。
後ろに手を振りながら角を曲がる。

その刹那、涙がこぼれた。

俺は新しいステージに踏み出したのだ、と。
期待と不安と奮起が混在した不思議な熱い涙だった。
この時、何を聴いてたかな…? 思い出せなかった。

……それから十数年、俺は新卒で入社した会社を辞めて、今んとこダラダラとやっている。

毎日予定が無いので、毎日何をやっても良い。
とはいえ生きていくために仕事はしなければいけないので、ずっと家に引きこもってキーボードと向かい合う生活が続いていた。

ある日、何かに急き立てられる気がして、大学寮に行って当時の元気を貰いに行くことを、ふと思いついた。

いつもなら窓を締め切ってエアコンを使うところだが、今日は特別。
エアコンは切り、窓を全部開けて風と匂いを感じる。
また、特別に車で煙草を吸っても良しとした。
煙草を持つ手を窓から出して、太陽の熱さを感じながら風を感じると、それが心地よかった。

そう、ポンコツ軽にクーラーが無かったときの作法だ。
今はミニバンで、オートマなのが興ざめだけど。
自分の指先の瑞々しさが失くなっているのもまた、興ざめだけど…。

そ~そ、CDよ!
ダッシュボードの中に当時のマイベストCDがそのまま積んであったので、迷わずNOKKOを選んでプレーヤーに差し込んだ。

信号待ちの間にPLAYボタンを押してから十字路を左折すると、「I Will Catch U」が流れ出した。

NOKKO / I Will Catch U

と、前奏が流れると同時に、何とも形容し難い思いが胸の奥から、どんどん、どんどん、あふれ出して……

涙がぽろぽろ、こぼれた。

正直、この曲は涙を流して聞くような曲じゃない。
でもこの気持ち、何と表現したら良いんだろう……どうしても言葉にできない。

あっ、寮を出るときの湧き上がる期待を思い出した…大学生の時に戻れたってことなのかな…?

いや……違うな………。

2分ほど今まで感じたことのある感情と突き合わせてみたところ、一つの言葉が出てきた。

「思えば遠くまで来てしまったな(もう戻れないな)」

そうか…これだ…。
確かに「I Will Catch U」は俺を頭のなかでは大学生に戻してくれたが、今の俺…視覚と聴覚のリアルはそれをすぐに訂正してしまう。

 

いまさら、寮に行った所で何が起こる?
もう学生時代には戻れないし、あの頃のみんなはもう、いない。

そんなことは分かってる。
では、俺は何のため、そこに行こうとしているんだ?

ぐんぐんと、涙の質が変わってきたのが分かる。

 

…それは分からない。
とにかく、行ってみないと分からないんだ。

いつもよりゆっくりと車を走らせ、敢えてバイパスは避けて昔就職活動で毎日通った峠道を登ってゆくことにした。
たぶん、ふもとに下りる頃には、何かしらの答えが出ているんだろう。

あ、そうだ。
あの時聞いてたのも多分、「I Will Catch U」だったんだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-つぶやき(有毒)

Copyright© 不可思議えのぐブログ , 2017 AllRights Reserved.