つぶやき(有毒)

NHKスペシャル 人生の終い方

更新日:

初回放送:2016年5月22日(日) 午後9時00分~9時49分

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160522

人生の最期、あなたなら誰に、何を伝え、残しますか?或いは残さないですか?
今、自分らしい最期とは何か、かつてないほどに関心が高まっています。人それぞれに「生き方」があるように、それぞれに人生の「終い方」(しまいかた)があります。そこには、その人の生き様が色濃く反映され、残された人たちの生き方にも影響を与えます。
番組の進行役は、落語家の桂歌丸さん(79歳)。入退院を繰り返し、医師に止められながらも地方公演を続け、「高座の上で死ねれば本望」と言います。それは、ある人に最期に「託された」から・・・。
番組では、漫画家の水木しげるさんの知られざる「終い方」にも迫ります。また、「あなたならどう終いたいか?」「心に残る終い方は?」など「ラジオ深夜便」等で募集、およそ500通が寄せられました。仕事一筋だった夫が最期に家族に伝えた言葉。幼い子を持つ若き父親が全身で遺そうとするものは、そしてそれを受け止める家族は・・・。一人一人の「終い方」に密着します。
ナレーションは、女優の樋口可南子さん。最期の時を、『縁起でもない』とタブー視せずに、家族や大切な人と、あるいは一人で、穏やかに考えてみませんか。

やっべ
見てる間ずっと涙が止まらんかった

こういうの見て泣けるようになったってのは、俺も年取ったってことかな…?
これもまた驚いた

いざ自分が余命わずかだと知ったとして、何が出来るだろうか

俺は人生何も成せていない
残せていない
思い残すことさえ持てていない
それが、ただ、ただ、情けなかった。悔しかった
そんな複雑な涙だった

少し前まで人生上手くいかないと思って首吊って死のうと思いつめていたが、とてもとても…
自分の甘っちょろさがとても恥ずかしくて堪らなくなった

生きる力をもらいました
ありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-つぶやき(有毒)

Copyright© 不可思議えのぐブログ , 2017 AllRights Reserved.